中古ドメイン×商標特化

自動記事作成ツールで月10万円を稼ぐ方法

自動記事作成ツールのAuto Report Works(オートレポートワークス)は販売訴求記事を自動で作成するツールです。
最低限の商品情報(商品名や特徴や値段など)と広告リンクを入力するだけで、販売訴求記事が作成できるのがスゴイところ。

今回は自動作成ツールで月20万円を突破したので、それまでの活動履歴をまとめたいと思います。

商標記事で成果を上げたい方はご参考ください。



自動記事作成ツールのAuto Report Works(オートレポートワークス)とは?


今回、僕が使用している自動記事作成ツールは『Auto Report Works(オートレポートワークス)』という名前の自己開発ツールです。

主な特徴としては、

自動記事作成ツール ARWの特徴

・販売訴求用のテンプレートが標準装備
・ワンクリックで2パターン or 10パターンの記事を自動作成
・現段階では美容やお悩み改善商品関連がメイン
・独自の自動記事作成パターンの登録機能あり
・キーワード検索機能あり


簡単にまとめると上記の機能があります。


主に美容関連やダイエット、口臭・ホワイトニング、脱毛などのジャンルの記事が自動作成できます。


で、自動記事作成ツールは『Auto Report Works(オートレポートワークス)』の凄いところは、
販売訴求用のテンプレートが標準で備わっているので、最低限の商品情報を埋めれば、販売訴求用の記事が一瞬で作れるところです。


一般に、商品販売用の記事を外注しようとした場合、文字数にもよりますが800円~1500円くらいの外注費がかかるのではないでしょうか。


けれども、『Auto Report Works(オートレポートワークス)』では自動で販売訴求用記事が作成できるので、商品情報部分のみを外注化すれば圧倒的に記事作成にかかるコストを下げられます。



巷には自動記事作成を行うツールはいくつかありますが、たいていはキーワードを集めて並べたことにより日本語がメチャメチャなものがほとんどです。
>>別のソフトで作成した自動作成記事サンプル



ですが、Auto Report Works(オートレポートワークス)では販売訴求用テンプレートの所定に位置にジャンル別のワードを順不同に埋めていくことで日本語がメチャメチャにならずにそのまま使用できる記事が作成されます。

尚、このような記事が自動生成できます。
>>Auto Report Works(オートレポートワークス)の自動記事作成サンプル


多少のメンテナンスは必要ですが、ワンクリックで販売訴求用の記事が”ほぼ”完成された状態で作成されるのがスゴイところです。


販売訴求用のテンプレートは、「PASONAの法則」「PREP法」などが標準装備されているので、お好きなテンプレートで記事作成できます。


僕はこのAuto Report Works(オートレポートワークス)を使用して作成した記事を投稿し続け、晴れて月20万円を突破することができました。



サイトの環境はどんなもの?


それではここで、Auto Report Works(オートレポートワークス)で作成した記事を投稿したサイトの環境をご説明します。

用意したサイトに関しては、

・商品雑記サイト
・トレンドサイト


の2サイトで運営しています。


何故2サイトなのかというと、
Auto Report Works(オートレポートワークス)では簡単に販売訴求用記事が作成できるので、商品雑記サイトが簡単に作成できます。

でも、それだけでは勿体ないので、すでに運営していたトレンドサイトにも同じ記事を入れてみてどうなるかを試してみたかったからです。


結果として、商品雑記サイトでもトレンドサイトでも、どちらでも成果が発生することができています。


というのも、販売訴求用記事に関して一番大事なのは

人目に触れること

ということです。


人目に触れるための方法に関しては、

・SEO(Google検索で上位表示される)
・外部リンク(人気記事からリンクで飛ばす)
・SNSによる流入


などになります。

一番はSEOによる検索流入を増やすことが大事です。

ですが、
トレンドサイトの人気記事からの外部リンクや、
Twitterやインスタグラムからのリンク
でも、販売訴求ページを見てもらうことさえできれば、成約は発生します。


なので、現在すでにブログを運営している方であれば、既存のブログに記事入れをしていっても良いかと思います。

でも、僕同様に、
・トレンドサイト×自動記事作成
・新しく商品雑記サイトを作る


の2本立てがオススメです。


というのも、Auto Report Works(オートレポートワークス)ではワンクリックで記事が複数パターンの記事が作成されます。
(標準版が2パターン、上位版が10パターン)


つまりは、ワンクリックで最低2記事が作成されるので無駄なく活用できるということです。

投稿するのがちょっと大変ですが、10サイトの同時運営も夢ではありません。


究極の夢になりますが、10サイト運営してAuto Report Works(オートレポートワークス)で作成した記事が1位から10まで並んだとしたら…

凄まじい売上になりそうですね(笑)




既存運営サイトに記事入れするパターン


まずは既存で運営しているサイトに記事入れするパターンを簡単にご説明します。

Auto Report Works(オートレポートワークス)の標準機能では、商品販売用の訴求記事を作成します。


でも、トレンドサイトではGoogleアドセンスがメインであることが多いですよね。


Googleアドセンスの広告が販売訴求用記事にも表示されると商品の広告クリック率が下がるため、アドセンス広告は表示させない方が望ましいです。


また、販売訴求用記事のサイドバーにトレンド用の芸能ネタなどが表示されるのも離脱率が上がる原因になるので、トレンド記事がサイドバーに表示されるのもできれば避ける方が望ましいです。



僕に関しては上記2つの対策として、

・ワンカラムで表示
・広告は非表示



になるようにしています。

※Wordpressのテーマによって設定の仕方は異なります。


これは経験則ですが、販売訴求用記事では余計な外部リンクが見えないようにするのが、広告のクリック率を増やすコツだと思います。


このようにして、トレンドサイトでも旅行ブログでも、どのようなブログを運営していても、商品販売記事を入れていくのが良いでしょう。



商品雑記サイトで運営するパターン


つぎに商品雑記サイトで運営するパターンをご説明します。


商品雑記サイトでは、とにかく作成した記事が上位表示されることが大事です。

そのため、上位表示しやすい”中古ドメイン”を活用するのがおすすめです。


中古ドメインは販売サイトから購入するのが良いのですが、値段は数千円から数十万円までピンキリです。

予算がある方は販売サイトで質の良い中古ドメインを購入すれば良いですが、自力で質の高い中古ドメインを見つける方法もあるので下記をご参考ください。

Expired Domainsで質の高いドメインを探すおすすめ設定中古ドメインを活用して強いドメインでブログを運営したい、と考えている方にはExpired Domainsがおすすめです。 Expi...
※販売サイトで高額の中古ドメインを購入しても必ず上位表示が取れるとは限りません。



僕が商品雑記サイトを運営する際にとった方法は下記となります。

1.Expired Domainsで質の高いドメインを複数取得する

2.Auto Report Works(オートレポートワークス)で作成した記事を取得したドメインに投稿

3.1ヶ月ほど様子をみて反応の良いドメインをメインとする

4.定期的に中古ドメインの取得&様子見を並行し、メイン以上のものがあればメインを変更
※メインではない使えないドメインは、メインサイトへリンクを送るためのサテライトに使用する

といった感じです。


最初にメインサイトを決めるまでがちょっと大変です。

最初から良い中古ドメインが取得できれば良いのですが、そこは当たりハズレがあるので運しだいのところでもあります。



取得した中古ドメインが当たりかハズレかの判別ですが、

・作成した商品記事に10アクセス以上ある
⇒当りです!育てる価値アリ

・1ヶ月以上様子を見た結果、Google Search Consoleの検索パフォーマンス(3ヶ月)の平均順位が30位以上
⇒経験則で、成約の多いサイトはサチコの平均順位が30位以上であることが多い


ザックリ、上記の場合を当たりと判断しています。



アクセスに関しては商品記事へのアクセスが大事で、トップページへのアクセスはダメです。
(※ただし、固定ページで記事を作成し、トップに表示設定した場合は別)


複数商品がそれぞれ10アクセス以上くると、商品雑記サイトとして合格です。


1商品だけ10アクセスで他の記事がアクセスが少ない場合は、その1商品の特化サイトに作成し直します。
(アクセスのない記事は全部下書きに戻す)


商品記事にアクセスが来ないドメインは、ハズレとしてサテライト用にするか、捨てちゃいます。



以上のように、複数取得して判別した結果、一番反応の良いドメインをメインとしてAuto Report Works(オートレポートワークス)でドンドン記事を入れていきます。


以上が、商品雑記記事の作成方法となります。





成約が取れる目安は?


Auto Report Works(オートレポートワークス)の標準テンプレート「PASONA」または「PERP法」による記事は、販売訴求に特化した記事となります。

そのため、そのジャンルで悩んでいる方の気持ちに訴えかけるような構成の記事となります。


こちらも経験則ですが、
「PASONA」または「PERP法」で作成した記事では、

10アクセスあれば広告リンクは1クリックあるかどうか、つまりクリック率(CTR)は10%くらいです。

そして、そこから購入されるかどうかは、5クリック~15クリックで1成約くらいになります。

↓↓ とあるASPのリアルな成約状況


おおよそは、1商品で1日30~50アクセスあれば、毎日1個は成約が入るような感じです。
※あくまで経験則です。
※その商品の「金額はいくらか」「定期縛りがあるか」「返金保証があるか」などの状況によっては成約率は変わります。



一方、標準テンプレートではなく、独自の口コミ用テンプレートで作成した記事の場合、
50~100アクセスで1成約が入るくらいです。



なぜ違いがあるかといいますと、標準のPASONAやPERPは購入を考えている人へ向けての記事構成(Buyクエリ)となっているためです。

口コミ用テンプレートは口コミや評判を知りたい人(Knowクエリ)に向けての記事となります。

主な違いと言えば、

≪アクセスの集めやすさ≫
口コミ評判記事 > 販売訴求記事

≪成約のしやすさ≫
口コミ評判記事 < 販売訴求記事

となります。


可能であれば、1商品に対して販売訴求記事と口コミ記事の両方を作成するのが望ましいでしょう。
(口コミ評判記事のテンプレートは独自での用意が必要です。)


以上より、僕の経験則では、販売訴求記事においては1日30~50アクセスあれば毎日成約が入る感じとなります。

\販売訴求記事をサクッと作りたい方は/
Auto Report Works(オートレポートワークス)の公式サイトで詳細情報を確認




成果を伸ばすにはどうすればよいか


晴れて、成約が取れるようになると、成約通知が楽しくなってきます。

ですが、月に10万円、20万円と成果を伸ばすにはどうしたらよいかを簡単に説明します。

率直に言いますと、

・取扱い商品を増やす
・アクセスを増やす
・成約単価を増やす


の3点となります。

では一つずつご説明します。



取扱い商品を増やす


取扱い商品を増やす、つまりはどんどん新しい記事を入れるということです。

こちらに関しては、Auto Report Works(オートレポートワークス)でドンドン記事を作成すれば良いだけなので言うまでもありません。

ただ「どのような記事を作成すればよいか」という所が大事です。

つまりは商品選定ですね。

この商品選定を行う際は、Auto Report Works(オートレポートワークス)のサブ機能である”キーワードチェック”機能を使用します。


下記のようにキーワードチェック機能を使用すれば、そのキーワードにおけるライバルの有無をチェックできます。


キーワードではメインへ商品名を入力し、サブキーワードに「最安値」「通販」「市販」などの購買欲が高いBuyクエリを入力して検索します。


その結果、allintitleが10以下のキーワードが狙い目になります。

「商品名+最安値」で上位表示を取ることができれば売れる可能性がかなり高くなります。


なお、このキーワードチェック機能は商品訴求記事だけでなく、
トレンドサイト用の記事(例 人物名+馴れ初め、人物名+嫁+名前)であっても使用可能です。

尚、検索結果で無料ブログやQ&Aサイトに件数がある場合、上位表示が取れる可能性が高くなります。




まとめますと、

・allintitleが10件以下
・無料ブログ、Q&Aサイトに件数がある場合


は上位表示が取りやすいお宝キーワードと考えられます。


一方、
・allintitleの数字が多い(僕の目安としては20以上)
・ショッピング、ニュース、企業に件数がある場合


はライバルが強いキーワードなので、そのキーワードの記事を作成するのは避けた方が賢明です。


このようにキーワードチェック機能を活用して、ライバルの有無を調査してお宝キーワードを見つけ出します。


正直なところ、このキーワードチェック機能だけでもAuto Report Works(オートレポートワークス)を使用するメリットがあると言えます。



アクセスを増やす


次にアクセスを増やすですが、これはGoogle Search Consoleを使用してヒットしたキーワードの掲載順位が上位を取り切れていないキーワードをピックアップします。


記事のメンテナンスをするための基準の考え方はいろいろありますが、僕の場合は


・掲載順位7位~20位程度のもの
⇒記事をメンテナンス

・表示回数が多くて掲載順位が高いのにクリック数が少ないもの
⇒タイトルをメンテナンス

・表示回数が少なくて掲載順位が悪いのに、クリック数が多いもの
⇒記事をメンテナンス


ザックリなのですが、上記の基準でメンテナンスをしています。

正直なところ、上位表示とはいっても5位以上を取っていないとなかなか成約はとれません。

成約を取るには如何に上位表示が取れるかどうか、になります。

定期的にGoogle Search Consoleをチェックしてメンテナンスを行うべき記事の判定も行い、アクセスアップを図っていきます。



単価を増やす


上位表示が取れてアクセスが増えてくれば、ポツポツと成約が取れるようになってきます。

始めて成約が取れたときの嬉しさは今でもハッキリと覚えています。


で、月々の報酬を増やすには、単価のアップが欠かせません。

仮に2000円の単価だった場合、10万円を超えるには50個成約しないといけません。

50個の成約ってかなり大変なんですよね…


ですが、成約単価が2000円から3500円になったとしたら30個で済むようになります。
また50個成約したとすれば、17.5万円になって報酬大幅アップします。


このように、成約単価が上がることで月々の報酬が一気に加速していきます。

そのため、成約が取れる商品が出てきた場合は積極的にASPの担当者さんへ交渉を行います。


僕の目安としては、

・1件成約が入ればその商品を注目しておく
・3件成約が入れば交渉準備に入る
・5件成約が入れば交渉連絡を行う


といった感じです。


ASPさんからはどれくらいの単価が望みか聞かれるので、
元々の単価の1.5倍~2倍程度の金額を希望すると通りやすい感じがします。

5件の成約が取れる商品が出てきたら積極的に単価交渉をしていきましょう。



作成記事が増えて、成約商品が増えることで、段々と報酬も増えていきます。

↓ Auto Report Works(オートレポートワークス)の実践結果
年月 金額
2020年9月 5,469
2020年10月 14,905
2020年11月 26,909
2020年12月 30,427
2021年1月 28,409
2021年2月 60,364
2021年3月 48,329
2021年4月 76,916
2021年5月 62,064
2021年6月 64,608
2021年7月 147,828
2021年8月 112,325
2021年9月 154,340
2021年10月 227,654
2021年11月 ※20日現在 115,535



月に100万円のように大きな金額にするには、さらに戦略が必要になると思いますが、
ここで説明した「成果を伸ばすにはどうすればよいか」を実直に取り組むことで
成果を増やしていけるかと思います。




アドセンス審査用の記事にも使える




Auto Report Works(オートレポートワークス)では文章が整った記事が作成できるため、アドセンス審査用の記事も作成可能です。


手順としては、

①Wordpressのインストール


②アドセンスに必要な最低限の環境を用意
・Contactformで問い合わせを追加
・固定ページにプロフィール追加
・固定ページにプライバシーポリシー追加
・カテゴリーを3つ追加
※ここまでの環境をプラグインのAll-in-One WP Migrationでエクスポートしておくと、2個目以降に使い回せるので便利


③自動記事作成ツールで6記事作成し、5記事投稿
・カテゴリーごとに2記事、2記事、1記事を投稿し、数日置きに作成したように投稿日を調整する。
カテゴリーは、
「美容、ダイエット、ホワイトニング」
「シワ、美白、ニキビ」
などAuto Report Works(オートレポートワークス)で購入したジャンルでばらけさせるのが良い


④アドセンス審査申し込み


⑤(3日程たって結果がまだなら、下書きの1記事を投稿)


⑥合格通知


という流れです。


僕の場合、記事の入っていないドメインで、余計なインデックスも無い状態でしたが、
運営済みのサイトなら一度、全記事を下書きに戻して綺麗な状態にするのが良いと思います。


尚、僕の環境では上記の流れでいくつかのドメインで合格できていますが、
申請の時期やサイト状況によって必ず合格できるという保証はし兼ねますのでご了承願います。


ブログ初心者の場合、アドセンス合格に苦戦している方も多いかと思います。
でも、自動記事作成ツールで作成した記事で合格できるなら、これからブログ運営していきたい方やアドセンスのサイト量産したい方にもメリットがあると思います。





自動記事作成ツールで月10万円を稼ぐ方法まとめ


以上より、

Auto Report Worksまとめ

・自動記事作成ツールのAuto Report Works(オートレポートワークス)とは?
・運営サイトの環境
・成約が取れる目安
・成果を伸ばすには
・アドセンス審査用記事にも使用可能


をお届けしました。


Auto Report Works(オートレポートワークス)で販売訴求記事が簡単に作れるとはいっても、成約が取れるまでは少し時間がかかるとは思います。

ですが、1日10PVが取れるようであれば、自然と成約が取れていきます。


STEP1.キーワードチェック機能を活用してお宝キーワード(商品)を見つける
STEP2.そのキーワードで自動記事作成を行う
STEP3.売れた商品はタイミングをみて単価交渉を行う


この3ステップで報酬を伸ばしていきます。


今回は僕が実践している方法を説明しましたが、同じように進めるも良し、アレンジを加えて進めるも良しです。


・これから商品サイトを作りたい方
・トレンドサイトに商品記事を入れたい方
・トレンドブログを運営しているけど、なかなか成果が出ない方
・アドセンス審査に合格できずに悩んでいる方


このような方にはAuto Report Works(オートレポートワークス)は最適だと思います。

キーワードチェック機能でお宝キーワードを調査するのにも活用できますよ♪


是非、Auto Report Works(オートレポートワークス)で売れる記事を作成して報酬アップを目指して見ませんか。


\自動記事作成ツールで報酬を伸ばしたい方は/
Auto Report Works(オートレポートワークス)の公式サイトで詳細情報を確認

パソコン転売 スタートアップガイド期間限定公開中

ブログでなかなか稼げない・・・
何かすぐに稼げる副業を探し中…

そんな方はパソコン転売がおすすめ!

初月から数万円は余裕で行けるし
在宅ワークやオンライン授業で需要も上昇中!

そんなパソコン転売のスタートガイドを期間限定無料公開中です。
下記からお受け取り下さい♪

↓ こちらをクリック♪

パソコン転売スタートアップガイドを貰ってみる