Adsense

Adsense(アドセンス)取得に必要なプロフィール具体例

Adsense(アドセンス)の審査ではプロフィールを設置する方が良いと言われています。

プロフィールに関しては、Adsense(アドセンス)に合格するための使い捨てのものでも構いませんし、今後も同ジャンルで運営していこうとお考えならがっつりと書いても構いません。

ここではAdsense(アドセンス)の審査に通すための必要最低限のプロフィールの具体例をご紹介します。


プロフィールが必要な理由



アドセンス,プロフィール
プロフィールに関しては必ずしも必要というわけでもなく、プロフィールを設置していなくてもアドセンスに合格したという方もおられます。

けれども、最近のGoogleでは権威性を求めたり、運営者に関する正確性を重視してきている傾向にあると思われます。


そのためプロフィールに関しては、無いよりはあった方が断然良いでしょう。

そのブログはどういう人が作っているのか、という自己紹介になるためGoogleにも閲覧者にも良い評価を与えます。

記事の内容にもよりますが、プロフィールの人物像が書かれている内容に対しての専門性を持っていれば、自ずと記事内容に信頼性が出てくるでしょう。


どこぞの誰が書いた肩こりを治す方法よりも、ちゃんとしたお医者さんが書いた肩こりを治す方法の方が、信頼性が段違いですよね。

これが「権威性」というものです。

そのため、Adsense(アドセンス)に合格するには特化ブログであり、プロフィールもそれに合わせた職業・属性の人物像にした方が良いでしょう。


プロフィールの具体例


プロフィール,サンプル
ここではAdsense(アドセンス)取得に向けてのプロフィールの具体例をご説明します。

僕の場合は本職がプログラマーだけあって、プログラマーに関するプロフィールにしています。

でも、アドセンスの審査にするにあたっては、実験を兼ねて審査用の使い捨てプロフィールを用いて審査に出しました。


そのプロフィールが下記となります。

プロフィール具体例

SE(システムエンジニア)にも色々ありますが、僕に関しては設計からプログラミング、
検証から保守までトータルで何でもこなしているオールラウンドプレイヤーです。

いわゆる何でも屋ということで、どこのプロジェクトでも便利に使われてきた感じです(笑)

このように僕は顧客の要望を聞き、解決策を共に考えることで、
顧客からの信頼を勝ち取ってきました。

プログラマーとしても言われたものを作るだけでなく、顧客が何を求めているのかを一緒に考え、
設計からプログラムまで幅広く行ってきたことにより、クライアントの求める仕組みの設計段階から実用までトータルサポートできるという自負があります。

だからこそ、クライアントがどういったことで苦労しているのか、
どういう風にすればもっと効率よく作業ができるのか、ということをいつも考えています。

私が最初になんとかしたいと思ったのは、「困っている人を手助けしたい」ということです。

学生時代はベンチャーでプログラマとして楽しく働いた後、大手企業に入社して、そこで様々な苦労と経験をしてきました。

プログラミングが本当に大好きな僕は、プログラマとしての自分が評価され続けるためには、クライアントに喜ばれる仕組みを作り出さないといけないと考えています。

そんな経験があったからこそ、様々な効率化の方法を伝えていけたらと思って自分のホームページを作成することにしました。


自分には成し遂げたいビジョンがあり、それは単純作業をしている人の効率化をいかに解消できるか、そしてその解消できるツールいかに多く提供できるか、ということです。

そのビジョンの実現には、多くの時間と経験が必要となります。

でも、僕がかけた時間によって、多くの方の時間を節約できるようになる。

そんな喜ばしいことって他にはありません。


少なくとも僕はそう思っています。

そこに対価が生まれたらさらに万々歳ですが(笑)

知っている人は簡単に思うことかもしれませんが、知らない人にとっては目からウロコが落ちるような便利なものがたくさんあります。

便利なものを使うことで、今までよりも効率よく作業に当たれるようになる。

そんなノウハウやツールをお届けしていきたいと思います。

基本的には私自身が体験した便利!と思ったものや、
私の自作ツールなどをご紹介したいと思いますので、是非、ご覧ください。

便利になった!という方はコメントを頂けると嬉しいです。


プロフィールの作成に当たっては、面倒くさかった使い捨てなので時間をかけたくなかったので、「プログラマー プロフィール」などで検索して、良さげなサイトの文面をパクって引用しています。


あくまでも時短で審査に通すためなので、がっつりとしたものでなくても構いません。

必要最低限の自己紹介で良いでしょう。

構成としては、
・名前
・職業
・写真(フリー素材)
・どんなことをしているか
・どんなブログにしたいか

などを500文字程度で作ると良いでしょう。

上記の具体例が最低限の構成となっていますので、職業と文面を書き換えるだけでもいいと思います。


もちろん、がっつりとプロフィールを作りこみたい場合は、上記の必要最低限プラス、書きたいことを盛り込んでください。

このサイトは「どういった人」が「どんな意味で運用しているのか」が伝わればよいと思います。

ここで注意点ですが、上記の具体例をコピーして使用する場合は「noindex」にしてください。

プロフィールは別にアクセスを集めるものではないので、indexさせる必要はありません。

他のサイトのコピーコンテンツとして認識される方が望ましくないので「noindex」にしておく方が良いでしょう。


まとめ


まとめ


今回はAdsense(アドセンス)に合格するための簡単プロフィール作成の具体例をお届けしました。

まとめますと
・名前
・職業
・写真(フリー素材)
・どんなことをしているか
・どんなブログにしたいか

などを500文字程度で作っていけば問題ありません。

そのブログの記事内容に適した人物像のプロフィールを簡潔に仕上げてください。

アドセンスの審査に合格した後は、このプロフィールは消してもいいですし、本来の正式なプロフィールに書き換えても構いません。


Adsense(アドセンス)の審査に向けてのプロフィールはあまり時間をかけたくないので、サクッと作って終わらせましょうね。

以上、「Adsense(アドセンス)取得に必要なプロフィール具体例」でした。

パソコン転売 スタートアップガイド期間限定公開中

ブログでなかなか稼げない・・・
何かすぐに稼げる副業を探し中…

そんな方はパソコン転売がおすすめ!

初月から数万円は余裕で行けるし
在宅ワークやオンライン授業で需要も上昇中!

そんなパソコン転売のスタートガイドを期間限定無料公開中です。
下記からお受け取り下さい♪

↓ こちらをクリック♪

パソコン転売スタートアップガイドを貰ってみる